トイプードル ドッグフード おすすめ

危険な添加物ドッグフード/トイプードルに最適なおすすめドッグフードをご紹介!


危険な添加物ドッグフード

安いドッグフードって大丈夫?

このドッグフードあたちが食べても大丈夫なの?なんか心配だワン

ホームセンターやスーパーに行くと、色んな種類のドッグフードが売られていますよね。

最近になってやっと無添加ドッグフードやプレミアムドッグフードというものが増えてきましたが、それでも1kg500円以下のドッグフードもまだまだ山積みになっています。

1kg500円もしないフードなんて、どうやって作る事ができるのでしょうか。コレ、冷静になって考えてみると怖いです。

おやつならまだしも、総合食という毎日食べるフードですよ。「お肉入ってます」とか書いてあると、どんな肉使ってるの!って思っちゃいます。

ドッグフードの規制がなかった

安いにはそれなりの理由があります。

人間が食べられないようなもの、タダで手に入るようなもの、死んだ家畜だったり、腐ったものだったり。そういったものを添加物でそれなりの見た目と味に変えてしまう訳です。

以前は、本当にこういったドッグフードが主流になって大量に売られてました。というのも、昔は日本ではドッグフードを規制する法律がなかったからです。しかも昔といっても、結構最近までそうでした。

ペットフード安全法ができたけど

実は平成21年になって、ようやく「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」いわゆる「ペットフード安全法」が出来たんです。

まだ6年前じゃないの!最近過ぎるし!

この法律によってドッグフードの表記について下記のことが決まりました。

有害物質が入ったフードの製造・輸入の禁止
パッケージの表示の義務づけ
  • 名称・・・犬用か猫用かわかるように表示
  • 賞味期限・・・栄養価や風味を保証できる期限を表示
  • 原材料名・・・添加物も含め使用している原材料をすべて表示
  • 原産国名・・・製造された国名を表示
  • 事業者名と住所・・・事業者の種別と住所を表示

えっ!?そこからですか・・・。というようなものすごく基本的なことばかり。でも、この法律ができたことで、日本のドッグフード業界はだいぶ良くなってきたのではと思います。

添加物の規制はゆるゆる

しかしだからと言って現在日本で売ってるドッグフードが安全かといえば、「NO」だと思います。

それは添加物に対して量の規制はあるものの、少量なら入っていてもOKとしているからです。

かぁちゃ〜ん、美味しくて安全なフードが食べたいよぉ

「知って納得!ペットフードの表示」というパンフレットが環境省から出ているんですが、このパンフレットの添加物の項目を見てみると、こう書いてあります。

添加物は
「栄養バランスを整える」
「フードの品質を保つ」
「美しく、おいしくする」

完全に推進してませんか、これ。

ま、人間の食べ物でも当然のように添加物が入っている訳だから、ドッグフードだけ規制する訳はないでしょうけど。

愛犬の健康のために

ただ、人間は色々な食べ物を食べますが、ワンコは手作り食でなければドッグフードだけの毎日。

少量の添加物でもそれが蓄積されれば、体に悪いのは当たり前で病気になる可能性大なのです。

特にトイプードルなどの小型犬の場合は、体への影響も非常に大きくなります。

たかがドッグフード、されどドッグフードです。私は愛犬の健康を大切にできる飼い主でありたいなと思います。

トイプードルにあったドッグフードはこちら